mhatta's mumbo jumbo

Just another WordPress site, really. In Japanese.

藁人形論法と鋼鉄人形論法

「藁人形(straw man)論法」という言葉があるが、日本では「議論において相手の主張を歪めて引用し、その歪められた主張に対して反論するという誤った論法」というような説明がされることが多いようだ。これは必ずしも間違いではないが、相手の主張を「歪曲する」というところに主眼を置くと若干ニュアンスがずれるというか、なぜ「藁人形」や「カカシ」になぞらえるのかが分かりにくくなるような気がする。

歪曲といっても、相手が白と言っているのを黒だとねじ曲げる、実際には言っていないことを捏造するということだけを問題としているのではない(そういうのも含まれるけれど)。むしろある主張のうち、いちばんトンマなバージョンを選んで攻撃することで、本当の意味では論破できていないのだが、論破したような気になる、というやり口が主眼だ。それが、生身の人間ではなくニセモノのカカシを撃っていい気分になるというたとえとつながる。

そういう意味での藁人形論法を私も使ってしまいがちだが、これはよくない。なぜやってしまうかといえば、そっちのほうがラクだからで、弱い相手を選んでやっつけたほうが簡単なのは言うまでもない。しかし、どんな分野にもピンからキリまであるわけで、キリは論外でも、ピンには常になにがしかの真実が含まれている。

例えば一口に天動説の信奉者といっても、単に無知蒙昧で迷信深いだけの者もいれば、プトレマイオスもいる。「アルマゲスト」に書かれた彼の天動説は数学を駆使した精緻なモデルで、当時の地動説よりよほど正確に天体の動きを説明した。正直言って、今プトレマイオス先生がよみがえったら、私が彼を論破できるとは到底思えない。そもそも歴史的にも、彼の天動説を反駁するのに千数百年以上を要したのである。そして、プトレマイオスを論駁しなければ、結局のところ天動説の息を止めるということにはならなかったのだ(余談ながら、こういうことを言うといろいろな人に怒られそうだが、率直に言えば今の経済学や経営学は、実はプトレマイオスの天動説のようなものなのではないかと思うことがたまにある)。

アルマゲスト (日本語) 単行本 – 1993/7/1

ゆえに、フェミニズムでもリベラルでもファシズムでもオルタナ右翼でも何でもよいのだが、ある説を論破したかったら、そのアラばかり探すのではなく、むしろその立場の最善最強の言説を相手にしなければならない。そういう最強の論敵がいなければ、自分で相手の立場に立って自ら最強の理屈を組み立てて、それをやっつけなければならないのである。もちろん相手の立場を、場合によっては相手以上に勉強しなければならず、手間暇がかかるし、時として精神衛生上もあまりよろしくない。でも、やるんだよ。

私自身は(往々にして持論とは逆の立場を持たざるをえない)ディベートでこの種の態度のようなものを学んだのだが、最近ではこれを「鋼鉄人形(steel man)論法」と言うらしい。この言葉はピーター・ティールに帰せられることが多いようだが、別にティール創案というわけではなく(確かにティールはスティールマンという言葉はよく使うが、彼も自分がオリジナルだとは言っていないように見える)、もっと前からある言葉のようではある。ティールいわく

「我々には、自分と立場の異なる相手をその戯画におとしめてしまう傾向がある。相手の内でいちばん弱い者を藁人形にしてしまうということだ」とその夜ティールは述べた。「主張を『鋼鉄人形』化する方法を見つけなければならない。相手の主張を可能な限り理解するためには、相手の主張を可能な限り最も強力な形で構成する必要がある」。ティールは、トランプのポピュリズムは一過性の政治運動に過ぎないかもしれないと認めた。「左派はそのうちまた勝つことが出来るようになるだろう。しかしそれは、鋼鉄人形的アプローチによるものでなければならない」「なぜ『メイク・アメリカ・グレート・アゲイン』が停滞に直面した人々に対して力強い主張になったのか理解しなければならない。トランプへ投票した人に対し、ただとっとと死ねというのではなく、もっといろいろ言うべきことはあるはずだ」

科学や学問の「ありがたみ」

日本学術会議と日本学士院は同じものだと思っていた程度の情弱なので、全く偉そうなことは言えないのだが、昨今の騒動も含め私が眺めている限りでは、科学や学問全般、あるいは知的エリートというようなものに対し(少なくとも潜在的に)反感を抱く層が、一昔前に比べ明らかに増えているように思われる。この風潮は、日本だけではなくアメリカやヨーロッパでも見られる傾向のように思えて興味深い。

現時点での私のあまり根拠のない説は、おそらく科学や学問、知的エリートなどの「分かりやすいありがたみ」のようなものが、近年見えにくくなったからではないか、というものである。

学者になるような人は、元々科学や学問が好きだからなるわけで、その分野の価値を疑うということはあまりないだろう。しかし一般の人にとっては、科学や学問そのものの価値というのは分かりようがないのではないか。これは別に科学等に限った話ではなく、例えば最近の話で言えば、将棋を自分で指す人はあまりいないと思うが、藤井君が29連勝した、最年少でタイトルを獲った、とかいうと大いに注目が集まるし、将棋を知らなくても、将棋には価値がある、と思う人が増えるわけです。

大昔は、科学の進歩は分かりやすい応用と主に訪れ、それは私たちの生活をダイレクトに変えていた。自動車しかり、ペニシリンしかりである。内燃機関の原理や抗生物質の機序を知らなくても、かつては到底行けなかったような遠くへ日帰りで行けるようになり、かつては手の施しようもなくばたばた死んでいた伝染病が治るようになったのは誰の目にも明らかだった。洗濯機やクーラーもそうだし、原発ですらそうだった。ここまで分かりやすい成果が連発されていれば、それらをもたらした科学や学問の価値を否定することは難しい。日本に固有の文脈としては、やはりB29や原爆のインパクトは大きかったのではないか。科学が劣っているから日本は戦争に負けた、とみんな思ったのだ。この情念こそが、産業界も含めてある時期までの日本の研究開発を駆動していたように思えてならない。今は、そこまで科学の価値を確信している人のほうが少ないだろう。

そもそも、近年発達した行動経済学が教えるのは、およそ人間というものは生物学的に知的怠惰であって、感情的な意思決定や確証バイアス、その他批判的思考を妨げるありとあらゆる衝動を持ち合わせている、あまり合理的ではない生き物ということだ。人間はそもそも科学やらファクトやらと相性がよくないのである。

そう考えると、科学や学問への反感はたぶん有史以来ずっとあったのだが(ある時期までそれは宗教に回収されていたようにも見える)、科学の社会的応用の圧倒的な力によってねじ伏せられてきたのである。ところがここ20年くらいだろうか、そうした誰の目にも分かりやすい「科学の進歩」が少なくなってきたように見える。最後のそうした「発明」はスマホだろうか。しかしスマホが生まれてからすでに20年、スティーヴ・ジョブズが意気揚々と初代iPhoneを発表してからも13年経っているのである。AIは確かに近年急速に発展したがそこまで身近ではないし、自動運転車もドローンも、我々の生活を大きく変え、目に見えて向上させるというところまではいっていない。こうなると押さえ込まれていた反感がまたくすぶり始めるわけで、だとすれば、科学や学問がポピュリスト政治家の手軽な人気取り用カカシになるのは必然のようにも思える。

経済学者のタイラー・コーエンが2011年に書いた「大停滞」も、若干文脈は違うが似たような話を取り上げていた。先進国では経済成長のエンジンとなる「容易に収穫できる果実」が食べ尽されたため、経済が停滞している。「容易に収穫できる果実」とは具体的には、豊富な資源のある無償の土地と、能力はあるのにこれまで教育を受けられなかった子供、そしてイノベーションだが、先進国では前者2つが枯渇しつつあるので、経済成長を維持するにはイノベーションが必要となる。ところがこのイノベーションも停滞しつつあり、数少ないイノベーションも、(ITが典型だが)雇用を増やすどころか、人間の仕事を減らす方向に向かっている。これは結局高給取りと最低賃金すれすれの二極化につながるわけで、そのくせ環境問題だとか言われてレジ袋ももらえないとなると、いよいよ多くの人にとって科学のありがたみというものは分かりにくくなるのではなかろうか。こうしたことに科学や学問に携わる人が気づいていない、あるいは非常に鈍感なことが問題の一部を成しているように私には思われてならない。

ではどうしたらよいか、というと、正直私にはよく分からない。この問題がやっかいなのは、科学も学問もろくなもんじゃない→科学や学問に投資しない→目に見えた成果が出てこない→(以下繰り返し)という、予言の自己成就みたいなところがあるからだと思う。コーエンは科学者を大事にしろと言っていたと思うが、やはり金を突っ込む対象としては大衆的支持というのも大事なわけで、ポピュリズムをどうすれば反科学的ではない方向に誘導できるか、というのが今後大きなテーマとなるように思う。

持ち運べるホワイトボードを使いこなす

バタフライボード2 A4 ノート型ホワイトボード(0.5mm極細マーカーセット付)

持ち運び可能なホワイトボード、というのには、わたくしのようなガジェットボンクラの好奇心をいたくくすぐるところがあって、hum oratorとか、欧文印刷nu boardとか、見かけるたびに買ってきた。使うとアイデアが湧くような気がするんですかねえ。

大判の紙面にごちゃごちゃ書きたい、という需要があるのは確かなのだが、だったらコピー用紙に書けばいいだろとか、クロッキー帳に書けばいいだろという指摘に答えられる自信は正直無い。ホワイトボードは書いてすぐ消せる、というのがメリットのように喧伝されるが、紙に鉛筆で書いて消しゴムで消したっていいわけだし(破って捨ててもよい)、黒ずみが残ったり、ごしごし力を入れなければならなかったり、だいたい言うほど消すのは簡単ではないのである。

今のところいちばんマシなのはバタフライボードだろうか。これも不満がないわけではないのだが、磁石でノート風にきれいにまとまるし、軽いし、A4だし(A3やA5もあるらしい)、表紙(?)の透明ボードは書いた面を保護出来る上にノングレアだし、防水で水洗いできるし(たぶん風呂に入りながらでも使える)、いたずら書きには向いている。スマホで撮影すれば手軽に記録も残せる。付箋を貼る台紙代わりにもなる。

4枚ばらばらにして金属製の壁面に貼ればA2相当にもなるのだが、普通の家の壁は金属製ではないのでどうかというところはある。金属の扉やロッカーには貼れるかもしれない。ビジネスホテルのユニットバスなんかだと壁がスチールなのでよく張り付く。風呂部屋の中でホワイトボードに書き込みしている自分というのは相当間抜けですが。

バタフライボード 0.5mm極細ホワイトボードペンシル4本セット (黒・青・赤)

nu board (ヌーボード) ホワイトボードマーカー3本セット(黒) BSLC00BL03

一昔前はホワイトボードマーカーというと太字しか無かったのだが、最近はボールペン並みの0.5mmのも黒赤青と三色くらいはあって、特に不満は無くなった。以前バタフライボードのメーカーからは出ていたのは、黒はともかく赤と青は1.0mmしか字幅がなくて(最近0.5mmも出た)、おまけに私の好みからすると少々軸が短すぎたので、欧文印刷から出ていた(製造元はステッドラーらしい)マーカーを使っている。これなら薄いネオクリッツフラットにもうまく収まる。軸の尻に小さなイレーザーも付いている。

消すといえば、バタフライボードにはクリーニングクロスがついてくるのだが、広い面を布で消すのは結構つらい。書いたまましばらく放置すると、なかなか消えなくて黒ずみも残りがちのような気もする。水で流せばよいのだが、書くたびにいちいち洗うのも面倒だ。ホワイトボードイレーザーは黒板サイズを前提にした大きくてかさばるものが多いのだが、SOGUのBLACK BAR ERASERというのは小さくてネオクリッツにも収まるので気に入っている。残念ながらAmazon.co.jpでは扱いがないようですが…。

Timbre TURN イヤホンケースは発想が面白い

【Timbre ティンブレ】 Earphone Case Turn/イヤホンケース コットン/ソフトケース 小林幹也デザイン (グレー)

ご多分に漏れず私も最近はBluetoothの無線イヤホンないしヘッドホンしか使っていなかったのだが、たまたまバランス接続に対応したウォークマンを持っていて、ひょんなことからバランス対応のMMCXケーブルというのを手に入れ、さらにお気に入りのSONYのイヤホンMMCX対応にするアダプタというのまで見つけてしまったので、2020年にもなって有線生活に引きずり戻されてしまった。まあ正直私のダメな耳では、FLACだろうとバランス接続だろうと音質の違いはほとんど聞き分けられないのだが…。

それはさておき、私が使っているイヤホンはかなりハウジングが大きいので、うまく収納するケースのようなものが欲しかったのだが、探してみたらこれが見つかった。

イヤホンのケースというと他にはポーチ状のものか箱状のものしかないと思うが、これは靴下のようなもので、手を差し込んでイヤホンとケーブルを巻き付けて、裏返すのである。イヤホンを納めた形状も丸めた靴下のようなものになるのだが、素材がフカフカしているのでこれでちゃんと本体もケーブルも保護されるし、このままポイとそこらへ投げておいたり、鞄の中に入れても大丈夫というわけだ。

本当に思いつくかは別として、大概の物事は私の想像力の延長線上にあるのだが、こういうのは根本的に発想が違うというか、逆立ちしても思いつかないので驚かされる。おもしろいねえ。

ジェットストリーム・エッジは悪くはないがガリガリ感が強い

三菱鉛筆 ジェットストリーム エッジ ホワイトレッド

ミーハーなので(といっても出たのは去年だが)、ジェットストリーム・エッジを買ってみた。

先日も書いた通り、個人的には今まであまり細字に興味なかったのだが、ボールペンで字幅0.28mmとはようやるわという感じである。ペン先でそのサイズの金属球が回っているわけですからね。0.38mmが一般化したときにもびっくりしたが、このサイズでインクがかすれたり詰まったりしないのには依然驚かされる。洋物のペンは公称の字幅プラス0.1~2mmくらいが当たり前で基本的に太いのだが、ジェットストリーム・エッジの描線は確かに0.28mmぽい極細感があって、0.38mmより明らかに細く、そのくせコントラストが高いので書いた線が見やすい。

ただまあ、正直に言えばやはり極細なので、ジェットストリームらしいなめらかさはあまり感じられない。紙質にもよるのだろうがカリカリというよりはガリガリという感じである。昔使っていたOHTOのボールペン(ガリガリすぎて書くとペン全体が振動する)を思い出した。

デザイン的には三菱鉛筆にしては頑張ったというか工夫が感じられて、上半身はLAMYのサファリ(クリップとか)、下半身はロットリングということなんですかねえ。持つところが(手触りのよい)金属で低重心なのと、下の先端が絞られていて書いているときペン先が見える(ゼブラのブレンはこの辺りがダメ)という機能面のデザインでは感心させられるのだが、見た目のデザインとしては、うーん、あともう少しなんだけどなあ…

アソボーゼのペンケースはモレスキン等に最適

[アソボーゼ] 本革 2本差し ペンケース 日本製 薄マチ スリム 革 姫路レザー 牛革 SK-W171 (ブラック)

カンファレンス等へ行くと、ノベルティというかお土産としてモレスキン、あるいはそれに類似するA5のハードカバーノートをくれる、ということがよくあった。個人的にモレスキンは、見た目や機能(ポケットとか)に関してそれなりに惹かれるところはあるものの、万年筆やローラーボールが裏抜けすることが多いので(まあそのぶん水性インクをよく吸って速乾性があるとも言えるが)避けていたのだが、せっかく10冊くらい積んであるのに使わないのももったいないので、油性ボールペンと併せて使うことにした。

この種のノートはやはりペンと込みで持ち歩きたいのだが、どうやってペンをくっつけるかがなかなか悩ましい。昔私がやっていたのはステンレスクラスプで表紙に挟むというやつで、これはこれで見た目はなかなかクールで良いのだが、ペンの保持力という点では問題がある。

ステンレスクラスプ クリップ シンプル 書類 整理 オフィス 備品 Lサイズ ステンレス製 DAS-2501 スリップオン

Quiverというブランドがモレスキン専用ペンケースをいくつか作っているが、1本差しはブツとしてはよく出来ているけれど、モレスキンの背表紙を覆うように付けるので装着も面倒だし、ノートを開いたときに背が浮いてしまい書きにくそうだ(そのうち革が馴染んでくると気にならなくらしいが)。

クイヴァ―Quiver 1本差しペンホルダー ロイヒトトゥルム1917ハードカバー用(A5)黒革

2本差しは表紙に巻くタイプで、装着は1本差しよりも楽そうだがやはり机に広げて書くとき表紙が浮きそうである。おまけに品切れらしい。

クイバー Quiver モレスキン ラージ用 2本差しペンケース A5サイズ ブラックレッド

ということで、現時点ではアソボーゼという人を食った名前のメーカーの姫路レザーを使ったペンケースがちょうど良いようである。パイロットのペンサムと同種の、表紙をマグネットで挟むタイプで、装着は簡単だし(もちろんモレスキン以外の同種のノートにも付けられる)、Quiver等と違いペンケース部分は袋になっているので、傷を付けたくない高級ペンでも気兼ねせず入れられる。パティーヌとまでは言わないにせよ革製品は傷がついて雰囲気が出てきてからが本番と思っている人間としては、総じて日本の革は丈夫過ぎて面白みがないのだが、これはそれなりに風合いのある良い革を使っていると思う。

乾電池で動く卓上クリーナーはなかなか良い

SANWA SUPPLY 強力吸引バキュームクリーナー CD-84VC

小人閑居してなんとやらではないが、家にこもって仕事をしていると、机のゴミが妙に気になる。特にキーボードが問題で、ほこりや髪の毛、食べこぼし、何かのカスなどが結構目立つのである。ブラシで払い落としたりウェットティッシュで拭き取ったりしてもよいのだが、どうせなら吸い取ってしまいたい。

そんな考えで以前充電式の小型掃除機を買ったのだが、大して使わず充電しっぱなしだったせいか、いつの間にか充電池がだめになっていた。そこで乾電池式のを物色したところ、これが見つかった。他にもいくつかあるのだが、このサンワサプライのが一番小さいようだ。キーボード掃除に便利なブラシ・アタッチメントも付いてくる。どうということもない作りだが使い勝手は良い。おまけに2000円しないし…。

Amazon.co.jpのレビューを見るとティッシュすら吸引しないとか書いてあるのだが、流石にそんなことはなくて、それなりに吸いとってくれる。吸い口の裏にはプラスチックの弁が付いているので、あまり小さなほこりで無ければ逆流することもない。やはりAmazonのレビューでペンチでも使わないとフィルタが外せないと愚痴っている人がいて、私も最初外し方がよく分からなかったのだが、実はボディを左右から押すと(ベコベコのプラスチックなので)変形して、パカッと外れるんですな。コロンブスの卵とでも言いましょうか。

キャップレス極細はいまいち

パイロット 万年筆 キャップレス FC18SRBMEF 極細字 マットブラック

新型コロナ禍のせいで通勤を含めた遠出が減り、近所をうろうろする程度になったので、ポーチ一つだけ腰から下げて外出するようになった、という話を先日書いたが、そうなると普段使っているA5のノートは入らないので、小さなメモ帳を持参することになる。ここ数年、個人的に手書きはリーガルパッドとか、できればA4、最低でもA5の大きな紙面に太字でがーっと書くだけだったので、極細字の需要はほとんど無かったのだが、メモ帳の小さな紙面にもそれなりの情報量を収めるということを考えると、やはり細字の筆記具が欲しい。ということで、キャップレス・マットブラックの極細を買ってみた。

キャップレス自体は以前細字を買ったことがあり、十分満足していたのだが、当時も書いたようにキャップレス・マットブラックは俗に「仏壇」と言われるような日本の万年筆のださいデザインやカラーリングとは一線を画していて、そのうち手に入れようとは思っていたのである。そして、マットブラックにだけ極細があるのですね。

結論から言うと、確かに細い字が安定して書けて、そういう意味では満足しているのだが(感覚的に字幅は0.38mmのゲルインキペンくらい)、やはりペン先が引っかかるというか、カリカリ感が否めない。引っかかる上にびょんびょんしなるというあたりは、大昔のある種のモンブラン(私が持っているのだと1266)のニブにも通じるところがあって、好きな人は好きかもしれないが俺はあんまり得意じゃないなあ。調整してもらえば多少は良くなるかもしれないが、今はペンクリニックにもなかなか行けないしねえ。

m+ Marsupio

m+/ウェストポーチ MARSUPIO II チョコ

とうとう拙宅近所のスーパーでもコンビニでも、レジ袋が有料化されてしまった。まあ買えばいいんだけど、一応エコバッグとしてBAGGUを持ち歩くようにしている。また、最近ではマスクを持ち運ぶ必要があり(マスクケースまで買った)、おまけに暑くなってコートを着なくなったので、細々とした、しかしズボンのポケットには収まりきらないようなものどもを入れる何かを探していたのである。小さめのリュックという手もあるし、クラッチバッグという手もあったが、蔵前の革製品ブランドm+(エムピウ)のMarsupio(マルスーピオ)というウェストポーチを買ってみた。

エムピウは好きなブランドで、財布からペンケースバッグに至るまで長年愛用しているが、このウェストポーチもなかなかよい。個人的にウェストポーチはダサいものという固定観念があったのだが、革製でいわゆるウェストポーチの形をしておらず、どちらかといえばヒップバッグというかチョークバッグのような外見なので、私のようなオッサンでも違和感無く持てる。

実は買うまで商品説明の写真等を見てもどうやって身につけるのかよく分からなかったのだが、伸縮可能な長い革のベルトが付いてくるので、これを腰というか腹に巻き付けるのですね。案外ずり落ちないもので感心する。

今のところ、

を入れているが、まあ自宅周辺をうろうろするくらいならこれ一つで十分という感じだ。

soil マスクケース

ソイル(Soil) マスクケース 調湿脱臭 ホワイト L407

まさかマスクが貴重品になるなんて日が来るとは思っていなかったが、ひどい花粉症なので元々マスクは大量に買ってあった。

とはいえ、以前は一度使ったら使い捨てにしていたものの、さすがに今それだとすぐ備蓄が尽きてしまうので、マスクケースなるものを買った。珪藻土が仕込んであって脱湿脱臭するという触れ込みなのだが、効き目はどうなんですかねえ。中に仕切りがあって2枚入る。