ラジカル・オネスティとクロッカーのルール

Radical Honesty: How to Transform Your Life by Telling the Truth

先日ロージナ茶会の新年会でラジカル・オネスティの話をしたら誰も知らなかったので驚いた。変人および変人を装う平凡な人間しかいない茶会員が同じような変人組織のことを知らないのはあるまじき失態だと思った。英語ならWikipediaの項目もあるのに。というかポッドキャストで取り上げたことすらあったのに。

といっても私も大して知らないのだが、以前HuluLie To Meという海外ドラマを見ていたらこれを実践している(と称する)キャラクタが出てきて、大変うざかったので興味を持ったのである。ちなみにこのイーライというキャラクタは、ドラマが進展するに従ってだんだんまともでつまんない奴になっていってしまったのだが。

ラジカル・オネスティというのは、ブラッド・ブラントンという心理学者が始めた運動らしい。その教義(?)は単純で、ようするに嘘は良くないということである。過激に正直(オネスティ)でなければならない。英語でwhite lie、罪のない嘘という言い方をするが、我々は相手の気持ちを傷つけたくないのでついお世辞やおべっかをつかってしまう。しかしこれが罠で、これをやっている間はいつまで経っても真の意味で他人とコミュニケートすることはできない。いわばA.T.フィールドを突破できないのである。そこで、たとえば嫁さんや彼女に「最近わたし太った?」と聞かれたとき、実際太っていた場合には「うん、太ったね」と正直に答えなければならない。このポリシーを採用すると短期的には相当な軋轢が生じることが容易に予想されるわけだが(ひっぱたかれる、離婚を申し出られるなど)、貫徹されれば裏表の無い、真の信頼に基づいた親密な関係を築くことが期待できる。なお、ラジカル・オネスティは基本的にプライベートな人間関係において適用されるルールである。家に押しかけてきたゲシュタポにユダヤ人はいるかと聞かれたらいませんと言っていいし、ゲームにおいてはブラフをかけても良いわけだ。

むかし日本でもモヒカン族というのがあったが、あれにちょっと似ている。ただしモヒカンもそうだったが、ラジカル・オネスティは、相手を意図的に、あえて罵倒したり嫌がらせをして構わないということではない。事実は事実として率直に淡々と指摘せよ、その結果として相手に腹を立てられても仕方がない、という話である。公式サイトを見るとニューエイジ的というかカルト臭い感じがするし、どことなく怪しげなのだが、基本的には正しいことを言っていると私は思う。

まあ、人間は太陽も死も直視できないし、真実を扱うこともできない弱い生き物ではある。私も出来るだけ正直にと心がけてはいるものの、ラジカル・オネスティは実践していない。私自身が昔から採用しているのはクロッカーのルールである。言い出したのはMediaWikiの原作者リー・ダニエル・クロッカーで、いわばラジカル・オネスティの逆バージョンと言える。他の人が、あなたに対して過激に正直であることを認めるというルールである。大して長くないのでそのまま訳出しておこう。

自分が「クロッカーのルール」に従っていると宣言することにより、あなたは他の人があなたに対するメッセージを、あなたにとって快いかどうかではなく、情報量の面で最適化することを許可することになる。クロッカーのルールに従うということは、あなた自身の心の中で起こることに関して、あなたが全責任を負うことを受け入れるということを意味する。すなわち、何かを不快に感じたら、それはあなたの責任だということである。誰でもあなたを馬鹿呼ばわりし、それをあなたに対して親切を施してやっているのだと主張することができる。(実際、これは本当に親切な行為なのである。我々が暮らす文化が抱える大問題の一つは、他の人が、あなたは間違っていると言うのを恐れて黙ってしまうか、その場を取り繕わなければならないと考えてしまうことなのだ)。二人の人物がクロッカーのルールを採用した場合、言い換えたり社会的な体裁を整えたりする必要がなくなるため、全ての必要な情報を最小の時間で伝達することが可能になるはずである。もちろん、必要とされる精神的な自制を備えていない限り、あなたはクロッカーのルールに従っていると宣言すべきではない。

クロッカーのルールは、あなたが他人を侮辱してよいということを意味「しない」ことに留意せよ。クロッカーのルールは、他人があなたを侮辱することを恐れる必要がないということである。クロッカーのルールは自らに課す規律であり、特権ではない。加えて、クロッカーのルールを採用するということは、必ずしも相互利益の追求を意味しない。そんなわけないでしょ?クロッカーのルールは、あなたが自分の得られる情報を最大にするのを狙って行うことであり、歯を食いしばって我慢してでも他人に施してやるという性質のものではない。

「クロッカーのルール」はリー・ダニエル・クロッカーにちなんで名付けられた。

 

ジハードとしてのスター・ウォーズ、あるいはジハード戦士としてのルーク・スカイウォーカー

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望 (字幕版)

昨今はイスラム国がらみの話題が多いので、イスラム教やテロリズムに関する本をぱらぱらと読むことが増えてきた。

そんな程度の付け焼き刃なので大したことは言えないのだが、いろいろ読んだ上での個人的結論としては、イスラム教がテロリズムと全く無関係かと言えばそんなことはないと思うが、かといってイスラム教「だから」テロが起こるというのも短絡的ではないかと考えている。イスラム教に特殊な事情というのがあるのは事実だと思うが、他の宗教にも多かれ少なかれ似たような事情は存在するからだ。ちなみに世の中には面白い人がいて、聖書、クルアーン、モルモン経を子細に検討し、その中の矛盾だったり不寛容だったり残虐だったりミソジニーだったりといった、今ではあまりポリティカリーにコレクトとは言いがたい記述をリストアップしたサイトを作っているのだが、それを読むとどの宗教の経典にも字面通りとれば結構ムチャクチャな記述が多いことが分かってなかなか興味深い。まあ、仏教やヒンズー教の経典も、同じように探せばいろいろとアレな記述は出てくるのではないかと思うが…。それに、カルトというのは、大体が経典の一部を自分たちに都合の良いように拡大解釈して権威付けに使うものでもあろう。ちなみに計量的比較(笑)によると、クルアーンは数だけ見れば大体聖書の2倍くらい暴力描写が多いらしい。しかし、聖書も特に旧約には相当えぐい記述はあるし、裏を返せば聖書にしてもクルアーンの1/2くらいは暴力描写があるわけだ。もちろん、重要なのは数ではなくその残虐さ度合い、とも言える。

ようするに、カギとなるのは宗教の教義ではなくて、具体的な過激化(ラジカライゼ―ション)の過程のほうなのではないかと思うのである。経典に敵を殺せと書いてあるのと、実際に行動を移してテロを起こすのとには、やはり大きな断絶がある。そこがよく分からない。

ちょっと調べてみた限りでは、人がどのようにラジカライズされるのかということについて、まだそれほど研究は進んでいないようだ。それは単純な理由で、本当にラジカライズされて行動に起こしたテロリストは大概の場合死んでしまうので、ラジカライズされた過程に関する遡った調査が出来ないからであろう。とはいえ、ラジカライゼーションのコツというか定石というか、そういったものは少しずつ分かってきているようなので、裏を返せばどこにどうくさびを打ち込めば過激化を防げるのかも今後明らかになってくるように思う。

ちなみに最近読んで笑ったのが、「ルーク・スカイウォーカーのラジカライゼ―ション:ジェダイのジハードへの道」という記事で、映画スター・ウォーズの特に最初の3部作のシナリオが、イスラム過激派の典型的なラジカライゼ―ションの過程にそっくりだという。

新たなる希望

  • 世界は帝国の圧制下にある。まあ帝国には帝国なりの言い分があり、宇宙の平和を守るために日々苦心しているだけなのだが。
  • 田舎に青年がいる。親はおらず、友達もいない。
  • しがない青年は、育ての親を帝国の理不尽な攻撃で黒焦げにされて殺される。
  • 近所の狂信的な老人にリクルートされ、怪しげな思想というか宗教を吹き込まれた青年は老人と一緒にテロ活動に身を投じる。おまけに老人は、青年の実の親は帝国に殺されたと嘘をついてショックを与え洗脳する。これは後に明かされることだが、老人は青年を洗脳することにかけては長年の経験がある。
  • 多数の犯罪歴がある密輸業者の手助けでテロリスト支配地域への脱出に成功する。テロリストのキャンプで老人らから専門的な軍事訓練を受ける。青年はテロリストらに仲間として受け入れられ、世界に居場所ができる。
  • 老人が帝国との戦いで殉教する。
  • 帝国のシンボル的な建造物へテロを敢行する。たまたま生還できたが基本的に自爆テロみたいなものである。
  • これは後に明かされることだが、帝国は帝国で別の怪しげな宗教を奉じていて、老人らの宗教とは(実は似たようなものなのだが)対立関係にある。なので、これはある意味宗教戦争でもある。老人らの宗教は迫害されている。

帝国の逆襲

  • 帝国のテロリスト狩りが激しさを増す。
  • さらに別の狂信的な老人が出てきて、青年に絶対的な忠誠と思想の厳格な解釈をたたき込む。青年は自立した思考が出来なくなり、完全に洗脳される。青年は聖戦を戦うジハード戦士となる。
  • 実は青年の実の父親は帝国の大物である。父親に会った青年は、改心してこっちへ戻ってこいと言われる。

ジェダイの帰還

  • 青年は宗教に基づき、暴力で自ら物事を裁断するようになる。
  • 青年は仲間が借金したビジネスマンを殺害し、一家を惨殺する。まあ手を下したのは厳密には青年ではなく青年の妹だが。
  • 帝国が(よせばいいのにまた)作ったシンボル的建造物をテロ攻撃する。これもまたあまり生還のことを考えていないというか、自爆テロ的な計画である。
  • 青年は父親まで殺す。
  • 青年は帝国のトップも殺す(まあ厳密には殺したのは父親だが)
  • 帝国は消滅し、邪教は消え、青年らの宗教に統治された平和で幸せな世界が訪れる

まあジョークではある。ただ恐ろしいのは、このジョークが一面で真実を突いているのではないかと思われることだ。というのも、実のところイスラム国に限らずある種の過激派に参加する連中というのは、意識しているかどうかは別に、わかりやすい具体的なイメージとして「スター・ウォーズ」あたりを抱いているのではないだろうか。オウム真理教が、よく「宇宙戦艦ヤマト」を引き合いに出していたのが思い起こされるのである。

 

ツイッター処世術

ツイッター仕事術
ツイッター仕事術

posted with amazlet at 13.06.16

横田 真俊
秀和システム
売り上げランキング: 632,088

商品リンクは釣りです。

水野靖久復興庁参事官の暴言Twitter、別の視点での報道を求める声

復興庁の官僚がアレなツイートをしていたのがばれて更迭、という話。同情する人もいるようだし、実際同情すべき点が必ずしも無いわけではないが、官僚というのは一応パブリックに仕える公の職なわけで、社会的地位も高いのだし、発言にはそれなりの品位や(少なくとも建前としての)中立性が強く求められると思う。なので、しょうがないですな。

ところで、この人は(ある時点から)匿名でTwitterをやっていて、それでばれないと思っていたようだ。私自身は、基本的に匿名でのオンライン・コミュニケーションはしないことにしていて、どこででも全て実名である。それはモラルの問題ではなくて、自衛の問題だと思っている。

将棋やチェスでも、大差で優勢だと逆に油断してとんでもない悪手を指してしまう、ということがあるが、それと同じで、匿名の隠れ蓑に隠れるというのは必ずしもメリットだけではない。そもそも、インターネット上において完全に匿名で活動するのは、技術的に不可能ではないにせよ、かなり難しい。それなりに対策を講じて匿名性を高めたとしても、書いている内容はもとより、行動パターンやら何やらから特定されてしまうのは大いにあり得ることだ。そして匿名のつもりが全然匿名ではなかった、というのは、なまじ油断しているだけに、それこそ今回の事件のように致命傷となるだろう。ならば、実名で明示的にリスクを負ったほうが、常に注意深く行動せざるを得なくなるので、結果として身を守ることにつながる。

そもそも、当人の目の前で言えないことをインターネットで書くのは極めて危険だ。逆に言えば、当人を前にして堂々と言えることなら、別に何を書いてもそんなにひどいことにはならない。これが、散々痛い思いをして学んだ私の結論である。書きたいことがあれば書けばいい。ただし、そのためには、場合によってはそれなりに戦略を練らなければならない。匿名性は、そのために必要な細心さを鈍らせてしまうのである。