コンテンツへスキップ

貝印の KAI コーヒーミル&ドリッパーで流れるように一人分のコーヒーを淹れる

coffee beans on table

コーヒーも凝り出すと際限が無いとは聞いていたが、元はといえばドトールやスタバ等の店でドリンクを買うかインスタントだったのが、ドリップバッグを使うようになり、次いで挽いた豆を買ってきてフレンチプレスで淹れるようになり、しまいには豆のまま買ってきて自分で挽くようになった。まあ、挽いた豆を買ってくると(おそらく空気に触れる表面積が大きいせいで)密閉容器に入れてもすぐ劣化して変な味になってしまうので、豆のままのほうが保存は効くのである。

電動のコーヒーミルは元々あるのだが、朝使うのは気が引けるくらいやかましいのとめんどくさいのとで、手動のミルを探していたらこれが見つかった。ステイホームの影響なのか相当人気だったようで、2ヶ月くらい欠品していて最近ようやく届いたのである。写真の見た目よりでかいが、まあ茶筒くらい。

上のミル部分はセラミックの臼なので、コーヒーに金属臭がうつらないのはいいのだが(案外力は要らない)、溝に残ったコーヒーは掃除しにくい。まあ個人的にはあまり気にしませんが…。

下がドリッパーになっていて、ペーパーフィルター(カリタの101 1~2人用がちょうど良い)を仕掛けておけば、豆を移さず挽いて即お湯を注げるというのがなかなか良い。プロダクトではなく行為のデザインという感じである。まあ、淹れたあとミルやドリッパーを置く場所がないのであるが…。もちろん挽いた粉をフレンチプレスなりなんなりに入れ替えて抽出することもできる。アウトドアでも使えそうだが、私はキャンプとか行かないので…。

タグ:

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。