アンテリック 油性ボールペン 0.5 ブラス ピッチブラック BP2-PB

所用で久しぶりに上野というか御徒町に行く必要があり、帰りがけにエキュート上野のアンジェビュローに寄ったらこんなペンが売られていた。アンテリック(Anterique)というブランドらしく、去年出来たばかりのようだ。昨今流行りの一人文具メーカーというやつなんだろうか。

ようは単なるボールペンなのだが、多少あざといまでに文房具好きというかガジェットボンクラのツボを衝いてくるスペックで、

  • 真鍮削り出し
  • 精度の高い作り
  • 低重心
  • ノック式、カチカチと心地よいノック音
  • なぜか試験管入り
  • 超絶安物でもクソ高くもない適正価格

と、なかなかわきまえている。

真鍮削り出しのペンはアメリカのEveryday Carryなボンクラ連中も好きで、最近はいろいろあるが(私もTanner GoodsのMemori Penを持っている)、触ると玉ねぎみたいな臭いが手に移るので閉口する。このAnteriqueのペンはどうやらメッキか塗装かしてあるらしく、そのようなことはない。その反面、大幅な経年変化はしなさそうだが…。ボディの下部が重い真鍮、上が軽いプラスチックなので、自然と低重心になるわけだが、やはりペンはトップヘビーより下が重いほうが書きやすいと思う。

デザインとしてはParkerのジョッターに似た細身のノック式だが、本家同様カチカチとノック感も心地よく、全体的な作りが良い。私は黒&金という取り合わせが好きなのでそれにしたが、他にもプラスチック部分はいろいろカラーバリエーションがある。なぜか試験管を模したケースに入っているのもおもしろい。この手のものは、ちょっとしたことで魅力が上がるんですよねえ。

よく分からないのはインクで、ジェットストリームとかと同じ低粘度油性のマッハボールインクを使用とあるのだが、これ、コクヨのマッハインクなのだろうか。以前マッハボールを見つけたときにも書いたが、これはコクヨのオリジナルなのか、どこかのOEMなのか、どうも実態がよくわからないのである。書き味はなめらかで全く不満がないが、マッハボールが0.7mmなのにこちらは0.5mmなのも謎である。替芯もあって、残念ながらパーカータイプではないが、見たところ寸法はマッハボールのと同じ。