最近VICE誌に面白い記事が載っていた。「反マスク論者、マスクをする準備中――ワクチン接種者から身を守るために」(Anti-Maskers Ready to Start Masking—to Protect Themselves From the Vaccinated)と題するもの。

新型コロナウイルス対策としてのマスクの強制に激しく抵抗する反マスク派、そしてワクチン接種に強く反対する反ワクチン派がいて、この二つがかなりかぶっていることはよく知られている。ところが最近になって、これらの説を信奉する陰謀論者たちの中から、マスクをしよう、ソーシャル・ディスタンスを取ろうと主張する連中が出てきたらしい。

この背景にあるのは、「排出(shedding)」説である。ワクチン接種者からワクチン(の中にある何か有害なもの)が「排出」され、近くの人、特に女性が影響を受ける。典型的には、生理不順や流産が発生するとされる。ソーシャル・メディア上で、自分はワクチン接種していないのに接種者の近くにいただけで流産してしまった、というような書き込みから広がった。mRNAワクチンが接種された場合、mRNAが排出されて周りの人の遺伝情報を改変してしまう、というような流派もあるようだ。

これは実のところ、反マスク・反ワクチン派の心情をうまく捉えたプロパガンダと言える。こうした人々は、別に健康に留意していないわけではない。むしろ必要以上に健康を気にしているのである。ただ、ワクチンは接種者を不妊化して人口を減らすための世界的陰謀だと思っているだけなのだ。ゆえに、この世界観に合致していて、しかもマスクやソーシャル・ディスタンスを正当化してくれるような「陰謀論」があれば、そちらを信奉するにやぶさかでないのである。従来こうした需要は、健康にはなりたいがビッグ・ファーマ(製薬大企業)は信用しない、ということで、怪しげな健康食品やサプリメントを売りさばく陰謀論ビジネスの格好の餌場になっていたのだが、それを封じられる可能性があるという点でも価値が高い。

個人的に興味があるのは、このプロパガンダが「意図的」に流されたものなのかどうかだ。結果として、公衆衛生としては好ましい結果になっているからである。アメリカにおけるワクチン接種も、あるところまでは順調に進んだが、それは元々ワクチン接種に積極的な層が相手だったからで、残りは反ワクチンか、少なくともワクチン接種に消極的な層と考えられる。この岩盤を突破できないと、集団免疫が達成可能な割合には到達できない。

陰謀論者を正面から説得するのが極めて難しいことはよく知られているが、ある意味今回の事例は、それをやってのけた。いわゆる「カモリスト」の存在やカルトホッピング(あるカルトを脱会した人は別のカルトに入信しやすい)などが示唆するように、陰謀論にはまった人は、世界観に似たところがある別の陰謀論にはまる可能性が非常に高い。ゆえに、目には目を、陰謀論には陰謀論を、というのは、ある意味で合理的な戦略とも言える。

しかし、いわゆるナッジ(人々が自分自身にとってより良い選択を自発的に取れるように手助けする政策手法)を巡る議論でもよく出てくるように、これは結局のところ(それこそ陰謀論者が声高に批判するところの)「大衆操作」ではないか、という批判もありうる。そもそも陰謀論者は陰謀論者のままで、相変わらず陰謀論に脆弱なままなのである。また、ナッジが正当性を持つためには透明性の確保が重要だが、透明性の確保はおそらく陰謀論の陰謀論としての説得力を損ねることになろう。そもそも陰謀論同士の競争というのもありうるのである。前掲のVICEの記事によれば、「排出にマスクは効かない、やはりこれからは松葉で作ったお茶」という陰謀論がすでに登場しているそうだ。