マルマン スケッチブック セクションクロッキーブック S237

マルマン スケッチブック セクションクロッキーブック 白クロッキー紙 10mm方眼罫 S237

A4くらいの広い紙面に(以下略)、とにかくスケッチブックをいたずら描きに使うという発想が、実は最近まで無かったのである。いたずら「描き」といいつつ実際は文字を書くことが多く、絵と言ってもポンチ絵や表程度なので、スケッチ専用ノートであるところのスケッチブックは候補にならなかった。

最近になって、たまたまこの若干マイナーな(といっても建築とかの世界ではポピュラーなのかもしれないが)クロッキー帳のことを知って使ってみたのだが、これは素晴らしいですね。そもそもマルマンのクロッキーというと茶色の表紙とナチュラルな色の無地の中紙が思い浮かぶわけだが、このS237という品番のやつは黒表紙で真っ白な中紙である。で、10mmというか1cmという珍しいサイズの方眼が書いてある。普段は3mm方眼の測量野帳や5mm方眼のノートに慣れているので、1cmというと大分大きく見えるのだが、これはこれでいたずら描きのガイドには十分だ。裏には方眼が書かれていないので、半分は無地としても使える。

表紙はほどよく硬く、リングノートなので360度ひっくり返せば表紙二枚分の下敷となり、立ったままでも十分書ける硬度となる。正直リング綴じは利き手と逆側のページへ書くとき手に当たるのであまり好きではないのだが、このノートはA4判で紙面が大きいのであまり気にならない。横にしても、天地逆にして書いてもいいですしね。

そして何より紙質が素晴らしい。太字の万年筆やローラーボールなど、紙によっては裏に抜けてしまうようなシャバシャバしたインクもまず大丈夫だし、まあ本来の用途がクロッキーだから当たり前だが、鉛筆やシャーペンなど黒鉛系の筆記具の乗りも良い。おまけにサイズと綴じ枚数を考えると、あり得ないくらいに軽い。ランニングコストも数百円と、一冊数千円するくせにちょっと太い万年筆はすぐ裏抜けするそこらの高級ノートとは雲泥の差である。A4の紙ノートはこれでファイナルアンサーというか、もう探さなくてもいいなあ。

 

トトノエ クリップボード A4

トトノエ クリップボード A4 ブラック TCB00A4-BK

A4くらいの広い紙面にさっといたずら描きをするための何か、を模索し続け三十余年になるわけですが、という同じ出だしで先日もエントリを書いたばかりだが、これもその模索の一環である。同じシリーズの、5×3のいわゆる情報カードや名刺サイズのカードを使う小さいバージョンは数年来愛用しているが(3年前にエントリを書いた)、A4版も買ってみた。というか、これも結局コクヨ関係の製品か。

ようするにA4のクリップボードなのだが、紙製なのが珍しい。クリップや四隅ではなく、下にベロのようなものがついていて、ここに紙を挟むようになっている。先日取り上げたHINGEと同じシステムだが、あちらが真似したのかな?裏には予備の紙と名刺(?)を差せるスロットがあるが、ここはやや使いにくい。

この使いにくさと関連するのだが、本当に硬いので、予備の紙は差し込みにくいし、持ち歩くと案外取り回しが悪い。5×3とかの小さなサイズだと気にならないし、むしろ安定して書けるので好ましいのだが、やわな鞄だと鞄のほうが負けて痛みそうである。今は卓上で使っている。ジョッター的なものは、柔らかいと書きにくいし、硬すぎるとかさばるし、なかなか難しいものですね。

 

idontknow.tokyo HINGE

Retrieved from the idontknow.tokyo webpage

A4くらいの広い紙面にさっといたずら描きをするための何か、を模索し続け三十余年になるわけですが、リーガルパッドに続き一つの最適解かなあと思ったのが、去年出て大ヒットした(らしい)これ。A4のコピー用紙を数枚挟んで使ういわゆる紙挟みで、スペアの紙を収納するポケットとペンのクリップを差し込む穴があるだけの非常にシンプルな構造なのだが、安価な樹脂製にも関わらず革のシボに似た凹凸があってそれなりの質感があり、ただペンを収納するだけではなくキャップを引き抜いてすぐ書けるようになっているペンホルダー(というかペンホール)も便利だし、しかも左利きでも使えるように穴も左右二つ空いているし、360度折り返せるし、なかなか良く考えられている。

最初は挟んだ紙がすぐ抜け落ちて頭に来ていたのだが、だんだん擦れて摩擦が生じるようになったのか、最近ではあまり落ちなくなった。個人的にはもう少し硬いほうが書きやすいのだが、あまり硬いと取り回しが面倒になるという面もあるので、そこは痛し痒しといったところか。ちなみにペンは、サイズ的にエナージェル・ユーロの太字がちょうど良い感じである。製作秘話と言いますか、ストーリー性みたいなのを前面に押し出した売り方もうまいと思う。

 

リーガルパッドに関するうだうだ

先日も書いた通り、ポケットに入る小さなメモ帳についても日々懊悩しているのだが、A4やA5(広げるとA4サイズになるのがミソ)くらいのサイズで適当にいたずら描きをするのに使う大きめのノートも長年頭痛の種で、これという定番が見つからない。昔から言うように下種の知恵と猫のなんとかは後から出るものでして、ある程度大判の紙にそれなりの時間ごちゃごちゃ書いてウォーミングアップしないと何もアイデアが浮かんでこないのである。

伊東屋 リーガルパッド L

大昔アメリカにいたときはリーガルパッドを使っていたのだが、私の理解ではリーガルパッドはちり紙クラスの使い捨て反故紙であって(だから本番の書類に混じっても困らないように黄色くしてある)、にも関わらず日本だと銀座伊東屋のだとか妙に高級品しか手に入らず(質は非常に良いですが、どうせならレターサイズじゃなくてA4で出してほしいな…)、かといってAmazon.co.jpで買えるような安いリーガルパッドの紙は私が常用している万年筆や太字の水性ボールペンがにじんだり裏抜けしたりすることが多いので(裏抜けすると、切り離してスキャンするとき裏面も読み取ってしまうので困る)、他の選択肢を模索せざるを得ない。まあ、それこそジェットストリーム使えばいいだろという話のような気もするが…。

レイメイ藤井 レポート用紙 イエロー用紙 zeitVektor A4 ZVP426

なぜA4がいいかといえば、ようするにレターサイズはA4より幅が少し大きいので、ScanSnapでスキャンするときに不便とか、A4のレポート用紙向けに多く出ているノートホルダーの類に入らないとか、微妙に不便なことが多いのである。ScanSnapはガイド動かせばいいだけの話だろとか、そもそも落書きなんだからスキャンしなけりゃいいだろとか、せっかく下敷になるような硬い厚紙もついているのだしリーガルパッドはカバーなんか付けずに裸で使えばいいだろとか、容易に反論が思いつくわけだが、それはそれとしてA4のリーガルパッド的なものが無いかというと実はあって、レイメイ藤井がなぜかツァイトベクター・ブランドのレポート用紙として出している。A4で黄色でマージン線も引いてあって紙質も悪くなくて、おまけにリーガルパッドの基本である横罫ではなく私の好きな方眼なので完璧なんだけれども、一冊400円とかするわけですよ。まあモレスキンのボッタクリ具合を考えればたかがしれているわけだが、私の用途だととにかくバカスカ使うので、どうももったいないような気がしてならないのである。

ちなみにこの記事を書くので調べてみたら、Amazonのプライベートブランド(?)のAmazonベーシックでもリーガルパッド出してるんですねえ。ちょっと驚いた。安いしM(中字)ニブの万年筆でも抜けないとレビューに書いてあるので試しに買ってみようと思ったが、在庫切れ…。

Amazonベーシック ワイド罫リーガルパッド 29.8cm×21.6cm イエロー 50枚×12冊

 

TOTONOEのジョッターというかキャリーボードの話

TOTONOE トトノエ キャリーボードカードブラック TCB0201-BK

Hipster PDAの話を書いたら、敬愛する白田秀彰先生が

と反応してくださった。

私も、移動中の走り書きには本来ジョッターが最強だと思う。何と言っても、固い下敷きになって筆記が安定するというのが大きい。その割に使っている人をほとんど見たことがないのだが、便利だと思うんですけどねえ。普及しない理由としては先の記事にも書いた通り、どうも高級というかファッション的な革製品が多く、単機能の割に高価で大きく分厚くなりがちというのがあるように思う。IDカードの裏に紙をセットするようなものも結構あって、私も一つ持っているのだが、年がら年中首からIDカードを下げているというわけでもないので、肝心なときに手元に無いということが結構あった。

Hipster PDAへ行き着く前の試行錯誤で購入して感心したのが、TOTONOEキャリーボードである。A4はじめ様々なサイズがあるが、5×3カードというのがジョッターに使える。コクヨMVPという、鳥取にあるコクヨの関連企業というか工場が立ち上げたブランドのようで、紙で出来ていて安価だが、十分な強度がある。紙はクリップ等ではなくベロで挟むつくりなのだが、紙をセットする面には滑りにくい人工皮革的な加工がされているので、相当筆圧をかけて書いてもずれることはない。全体に実に考え抜かれたつくりになっていて、デザインも非常に洗練されている。後でディレクターがYMSK Design Worksの山崎宏と知り、納得するものがあった。私は山崎が手がけたYMSK 名刺&メモホルダーを長年愛用しているのだが、これも使い勝手とデザインが高いレベルで融合していた傑作だったからだ。しかしなんですな、昔のブログを読み返すと、私は10年前から今と同じようなことを考えていたようで我ながら呆れた。当時は5分は覚えていたらしい。最近は数秒である。年は取りたくないものだ。

TOTONOEの製品は、出来が良い割にLOFTなどのリアル店舗ではほとんど見かけないのが不思議と言えば不思議である。別に通販限定というわけでもなさそうなのだが…。

私個人としては、胸ポケットに入るというのが絶対条件なので5×3がダメで、また名刺サイズは手が大きいので書きにくく、かつベロで隠れるので筆記可能部分が案外狭いということもあり使っていないのだが、ジョッターに興味があって、そういうのが気にならない向きには試してみる価値が十二分にあると思う。なにせ千円しないし。