マルマン スケッチブック セクションクロッキーブック S237

マルマン スケッチブック セクションクロッキーブック 白クロッキー紙 10mm方眼罫 S237

A4くらいの広い紙面に(以下略)、とにかくスケッチブックをいたずら描きに使うという発想が、実は最近まで無かったのである。いたずら「描き」といいつつ実際は文字を書くことが多く、絵と言ってもポンチ絵や表程度なので、スケッチ専用ノートであるところのスケッチブックは候補にならなかった。

最近になって、たまたまこの若干マイナーな(といっても建築とかの世界ではポピュラーなのかもしれないが)クロッキー帳のことを知って使ってみたのだが、これは素晴らしいですね。そもそもマルマンのクロッキーというと茶色の表紙とナチュラルな色の無地の中紙が思い浮かぶわけだが、このS237という品番のやつは黒表紙で真っ白な中紙である。で、10mmというか1cmという珍しいサイズの方眼が書いてある。普段は3mm方眼の測量野帳や5mm方眼のノートに慣れているので、1cmというと大分大きく見えるのだが、これはこれでいたずら描きのガイドには十分だ。裏には方眼が書かれていないので、半分は無地としても使える。

表紙はほどよく硬く、リングノートなので360度ひっくり返せば表紙二枚分の下敷となり、立ったままでも十分書ける硬度となる。正直リング綴じは利き手と逆側のページへ書くとき手に当たるのであまり好きではないのだが、このノートはA4判で紙面が大きいのであまり気にならない。横にしても、天地逆にして書いてもいいですしね。

そして何より紙質が素晴らしい。太字の万年筆やローラーボールなど、紙によっては裏に抜けてしまうようなシャバシャバしたインクもまず大丈夫だし、まあ本来の用途がクロッキーだから当たり前だが、鉛筆やシャーペンなど黒鉛系の筆記具の乗りも良い。おまけにサイズと綴じ枚数を考えると、あり得ないくらいに軽い。ランニングコストも数百円と、一冊数千円するくせにちょっと太い万年筆はすぐ裏抜けするそこらの高級ノートとは雲泥の差である。A4の紙ノートはこれでファイナルアンサーというか、もう探さなくてもいいなあ。

 

トトノエ クリップボード A4

トトノエ クリップボード A4 ブラック TCB00A4-BK

A4くらいの広い紙面にさっといたずら描きをするための何か、を模索し続け三十余年になるわけですが、という同じ出だしで先日もエントリを書いたばかりだが、これもその模索の一環である。同じシリーズの、5×3のいわゆる情報カードや名刺サイズのカードを使う小さいバージョンは数年来愛用しているが(3年前にエントリを書いた)、A4版も買ってみた。というか、これも結局コクヨ関係の製品か。

ようするにA4のクリップボードなのだが、紙製なのが珍しい。クリップや四隅ではなく、下にベロのようなものがついていて、ここに紙を挟むようになっている。先日取り上げたHINGEと同じシステムだが、あちらが真似したのかな?裏には予備の紙と名刺(?)を差せるスロットがあるが、ここはやや使いにくい。

この使いにくさと関連するのだが、本当に硬いので、予備の紙は差し込みにくいし、持ち歩くと案外取り回しが悪い。5×3とかの小さなサイズだと気にならないし、むしろ安定して書けるので好ましいのだが、やわな鞄だと鞄のほうが負けて痛みそうである。今は卓上で使っている。ジョッター的なものは、柔らかいと書きにくいし、硬すぎるとかさばるし、なかなか難しいものですね。

 

コクヨ K2 マッハボール

コクヨ なめらか ボールペン K2 マッハボール ノック式 10本入 黒 K2PR-NB207DX10

別にコクヨから金をもらっているわけではないので褒める義理はないのだけれど、最近はなぜかコクヨの文具製品に感心させられることが多い。近頃よく使っているこのボールペンも、よくよく見たらコクヨの製品だった。どこで買ったかすらよく覚えていないのだが…たぶん世界堂?

調べてみると一本税込約75円というウルトラ安物で、基本的には業務用らしいのだが(そのせいかAmazon.co.jpでは10本単位でしか売っていない。といっても755円だけど…)、実に良い書き心地である。低粘度油性ボールペンというと三菱鉛筆のジェットストリーム、パイロットのアクロインキ、ぺんてるのビクーニャが御三家だと思うが、コクヨもマッハインクというのをやっていたのですね。全く知りませんでした。どこかのOEMなんだろうか?ネットを検索してもまるで情報が出てこないのだが、私以外にもこれに感銘を受けた人のブログが出てくるので、まあみんな使うと感心するんでしょう。ほとんど使い捨てのような値段にも関わらずちゃんと替芯も用意されていて、いよいよ感心させられる。

そしてデザインが優れている。まあ値段が値段なので高級感は全く無いわけですが、頭から尻尾まで流れるようなフォルムになっていて、素材ではなく造形一本で勝負というすがすがしさがある。パイロットのジュースアップとかのどんくさい感じと比べると一日の長があると思うのですがいかがでしょう。

 

コクヨ ドローイングマーカー

コクヨ マーカー ドローイングマーカー 固形 蛍光色 5色 KE-SP3-5

別に蛍光ペンと右翼のことばかり考えて人生を過ごしているわけではないのですが、コクヨも去年、新たに蛍光クレヨンというか固形蛍光マーカーを出していたらしい。最近人に教えてもらいました。

ドローイングマーカーと銘打ったシリーズで、どうも半分画材扱いのようなのだが、蛍光イエローや蛍光グリーンはハイライターとして十分使える。書き心地がぬるぬるなのはもちろん、形が四角形なので狙ったところに塗りやすいし、裏抜けもしない。先駆者であるステッドラーのテキストサーファーゲルのように、ぼろぼろダマが残って他を汚すということも少ない。がーんと新しいものを打ち出すイノベーターにはなれないが、ちまちま実用性を上げるのは得意という、日本企業にありがちな話のように思った。この手のものとしては珍しくリフィルが用意されているのも良心的だ。パッケージングも洋風というか、なかなか洒落ている。三菱鉛筆にこういうセンスがあれば…。

 

Parafernalia FALTER 2D

(パラフェルナリア) PARAFERNALIA パラフェルナーリア FALTER 2D ボールペン

イタリアの文具メーカー、パラフェルナリア(Parafernalia)が好きだ。一昨年、ベルリンのバウハウス・アーカイヴを訪れたのだが、ミュージアム・ショップで売られていた文具は、ご当地ドイツのLAMY、このイタリアのパラフェルナリア、そして日本のトンボ・デザイン・コレクションだけだった。昔ながらの日独伊枢軸という訳ですが、実際デザインという見地からすれば、美術館で売るならこの3ブランドでしょうね。LAMYと同様、社外のデザイナーと共同で製品開発しているようだが、それでもLAMYとTOMBOWは大手だからか、実用性に一定の配慮をしてしまいがちなのに対し、パラフェルナリアは完全にデザインだけに振り切っていて、はっきり言って使い勝手は悪い。それもまあ、ブランドの個性ということでしょう。日本だと、実店舗で扱っているところはほぼ無いと思うが、ネット通販ならそれなりに手に入る。

【PARAFERNALIA パラフェルナリア】 Revolution シャープペン オレンジ

1968年に設立されたパラフェルナリアの製品で一番有名なのは、1978年に発表された異様な構造を持つペンのRevolutionだと思うが、自分で一枚板から組み立てろというこのFALTER 2Dも相当頭がおかしい。見た目の優美さは素晴らしく、クリップとノック機構(のようなもの)もあり、スタンドとなぜか定規まで付いてくるという大変なお買い得品なのだが、単純な割になかなか組み立ては難物で、しかも書くといろいろなところが指に当たって痛い。でも、やるんだよ。リフィルはパーカータイプなので、最近出たジェットストリームを使えば、書き味だけは良くなります…。

組み立て方の動画。いや、たぶんこんなにスムーズに行かないよ…。

 

idontknow.tokyo HINGE

Retrieved from the idontknow.tokyo webpage

A4くらいの広い紙面にさっといたずら描きをするための何か、を模索し続け三十余年になるわけですが、リーガルパッドに続き一つの最適解かなあと思ったのが、去年出て大ヒットした(らしい)これ。A4のコピー用紙を数枚挟んで使ういわゆる紙挟みで、スペアの紙を収納するポケットとペンのクリップを差し込む穴があるだけの非常にシンプルな構造なのだが、安価な樹脂製にも関わらず革のシボに似た凹凸があってそれなりの質感があり、ただペンを収納するだけではなくキャップを引き抜いてすぐ書けるようになっているペンホルダー(というかペンホール)も便利だし、しかも左利きでも使えるように穴も左右二つ空いているし、360度折り返せるし、なかなか良く考えられている。

最初は挟んだ紙がすぐ抜け落ちて頭に来ていたのだが、だんだん擦れて摩擦が生じるようになったのか、最近ではあまり落ちなくなった。個人的にはもう少し硬いほうが書きやすいのだが、あまり硬いと取り回しが面倒になるという面もあるので、そこは痛し痒しといったところか。ちなみにペンは、サイズ的にエナージェル・ユーロの太字がちょうど良い感じである。製作秘話と言いますか、ストーリー性みたいなのを前面に押し出した売り方もうまいと思う。

 

蛍光ペンは蛍光クレヨンがおすすめ

蛍光ペンで資料にハイライトするのが好きなのだが、多くの蛍光ペンがそうであるところのフェルトペンがたてる、キュッキュといった音や感触が嫌いなのである。あと、最近の日本製の蛍光ペンの多くは、妙に色が薄いのも気にくわない。わざとそうしているのだろうが、ハイライターというくらいなのだから、どぎついくらいに目立つギンギンの発色のほうが良いと思うのです。

STABILO 蛍光ペン ナビゲーター 545-24 イエロー

なので、嫌々ながらフェルトペンなら、マイナーだけれどスタビロのナビゲーターとか、無印良品のあざやか蛍光ペンのような派手な色のものを愛用している。さらには以前書いたステッドラーのテキストサーファーゲルのような変わり種もいろいろ試しているのだが、最近ではタジマのすみつけクレヨン+芯ホルダーという組み合わせが気に入っている。

TJMデザイン:タジマ すみつけクレヨン細書き SKH-KYEL 型式:SKH-KYEL

タジマ すみつけクレヨン(細書き4.0mm) 蛍光イエロー替芯(3本入) SKHS-KYEL

固形の蛍光クレヨンは発色も良く、書き心地もぬるぬるで案外良い、というのはテキストサーファーゲルで学んだことだが、実用性という点でいろいろ問題のあったアレと比べて、こちらは普通の蛍光フェルトペン感覚で、狙ったところにビシッと塗れるので好ましい。元々これは建築用品らしく、そのせいか本来のホルダーは安っぽくてダサいのだが、細書き用というバージョンの替え芯は径4.0mmと言いつつ実測だと3.8mmくらいなので、替え芯だけ買ってチェコの文具メーカーコヒノールの3.8mm用高級芯ホルダーで使うというのが良いと思う。この3.8mmというのも芯ホルダーにしてはずいぶん珍しいサイズで、本来は画材か何からしいのだが、質感も良いしまさに蛍光クレヨンにおあつらえ向きなのだ。5356という品番のやつですね。

【KOH-I-NOOR】コヒノール 3.8ミリ ドロップ式 芯ホルダー 5356

 

ゼブラ M-701 シャープペンシル

ゼブラ シャープペン M-701 0.7mm HB MABZ47

日本製品なのに、日本では全く知られて(というか販売されて)おらず、しかし海外では妙に有名なものというのがたまにあるが、その一つがこのゼブラのシャープペンシルだと思う。いわゆるEDC(EveryDay Carry、常時携行品)の定番で、EDC用シャープペンシルの番付のようなものにも、もっと知名度の高い三菱のクルトガやらぺんてる製品やらに混じってよく選出されている。Amazon.com等でのレビューの評価も高い。私自身も外国の人が使っているのを何度か見たことがある。相場は6~700円くらいでしょうか。

グリップが、昔はともかく今の日本ではラバーグリップに押されてあまり人気がない(と思う)ローレット加工で、かつ芯を固定するチャックが金属(最近はコストカットの影響かプラスチックになることが多い)であることを除けば、何の変哲もない、かつてはよくあったタイプのヘビーデューティな金属軸シャーペンなのだが、最近は逆にここまでフツーのものがあまり無いので、新鮮に見えるのかもしれない。海外向けらしく0.7mmしか無いが、同じデザインのボールペン(F-701)もある。

日本の普通の販路では販売されていないと言っても、別に限定品というわけではないのでAmazon.co.jpでは買えるし、河原町アンジェのような雑貨屋に置かれていることもあるのでそれほど手に入りにくいわけではないのだが、0.7mmシャープは日本では一般的な0.5mmとはまた違った書きやすさがあるので、もっと一般的に扱ってくれるといいんですけどねえ。

 

リーガルパッドに関するうだうだ

先日も書いた通り、ポケットに入る小さなメモ帳についても日々懊悩しているのだが、A4やA5(広げるとA4サイズになるのがミソ)くらいのサイズで適当にいたずら描きをするのに使う大きめのノートも長年頭痛の種で、これという定番が見つからない。昔から言うように下種の知恵と猫のなんとかは後から出るものでして、ある程度大判の紙にそれなりの時間ごちゃごちゃ書いてウォーミングアップしないと何もアイデアが浮かんでこないのである。

伊東屋 リーガルパッド L

大昔アメリカにいたときはリーガルパッドを使っていたのだが、私の理解ではリーガルパッドはちり紙クラスの使い捨て反故紙であって(だから本番の書類に混じっても困らないように黄色くしてある)、にも関わらず日本だと銀座伊東屋のだとか妙に高級品しか手に入らず(質は非常に良いですが、どうせならレターサイズじゃなくてA4で出してほしいな…)、かといってAmazon.co.jpで買えるような安いリーガルパッドの紙は私が常用している万年筆や太字の水性ボールペンがにじんだり裏抜けしたりすることが多いので(裏抜けすると、切り離してスキャンするとき裏面も読み取ってしまうので困る)、他の選択肢を模索せざるを得ない。まあ、それこそジェットストリーム使えばいいだろという話のような気もするが…。

レイメイ藤井 レポート用紙 イエロー用紙 zeitVektor A4 ZVP426

なぜA4がいいかといえば、ようするにレターサイズはA4より幅が少し大きいので、ScanSnapでスキャンするときに不便とか、A4のレポート用紙向けに多く出ているノートホルダーの類に入らないとか、微妙に不便なことが多いのである。ScanSnapはガイド動かせばいいだけの話だろとか、そもそも落書きなんだからスキャンしなけりゃいいだろとか、せっかく下敷になるような硬い厚紙もついているのだしリーガルパッドはカバーなんか付けずに裸で使えばいいだろとか、容易に反論が思いつくわけだが、それはそれとしてA4のリーガルパッド的なものが無いかというと実はあって、レイメイ藤井がなぜかツァイトベクター・ブランドのレポート用紙として出している。A4で黄色でマージン線も引いてあって紙質も悪くなくて、おまけにリーガルパッドの基本である横罫ではなく私の好きな方眼なので完璧なんだけれども、一冊400円とかするわけですよ。まあモレスキンのボッタクリ具合を考えればたかがしれているわけだが、私の用途だととにかくバカスカ使うので、どうももったいないような気がしてならないのである。

ちなみにこの記事を書くので調べてみたら、Amazonのプライベートブランド(?)のAmazonベーシックでもリーガルパッド出してるんですねえ。ちょっと驚いた。安いしM(中字)ニブの万年筆でも抜けないとレビューに書いてあるので試しに買ってみようと思ったが、在庫切れ…。

Amazonベーシック ワイド罫リーガルパッド 29.8cm×21.6cm イエロー 50枚×12冊

 

マルマン A7 メモ 図案シリーズ N659

マルマン A7 メモ 図案シリーズ N659

これも最近使い終わったメモ帳。昔からあるマルマンのスケッチブックと同じデザインだが、中身は5mm方眼で、中字の万年筆でも抜けない優秀な紙である。まあ、メモを取るとき、細字ならともかく中字以上の万年筆はまず使いませんが…。切り取り用のミシン目も入っているし、裏表紙が段ボール的に硬いので、立ったままの筆記も楽なのがよろこばしい。まあペンコのと比べると値段が3倍近いので良いのは当たり前か。あと、正直に言えばリング綴じのノートはなんとなくイヤなのだが、これは個人的な好みの問題でしょうね。