idontknow.tokyo HINGE

Retrieved from the idontknow.tokyo webpage

A4くらいの広い紙面にさっといたずら描きをするための何か、を模索し続け三十余年になるわけですが、リーガルパッドに続き一つの最適解かなあと思ったのが、去年出て大ヒットした(らしい)これ。A4のコピー用紙を数枚挟んで使ういわゆる紙挟みで、スペアの紙を収納するポケットとペンのクリップを差し込む穴があるだけの非常にシンプルな構造なのだが、安価な樹脂製にも関わらず革のシボに似た凹凸があってそれなりの質感があり、ただペンを収納するだけではなくキャップを引き抜いてすぐ書けるようになっているペンホルダー(というかペンホール)も便利だし、しかも左利きでも使えるように穴も左右二つ空いているし、360度折り返せるし、なかなか良く考えられている。

最初は挟んだ紙がすぐ抜け落ちて頭に来ていたのだが、だんだん擦れて摩擦が生じるようになったのか、最近ではあまり落ちなくなった。個人的にはもう少し硬いほうが書きやすいのだが、あまり硬いと取り回しが面倒になるという面もあるので、そこは痛し痒しといったところか。ちなみにペンは、サイズ的にエナージェル・ユーロの太字がちょうど良い感じである。製作秘話と言いますか、ストーリー性みたいなのを前面に押し出した売り方もうまいと思う。

 

Masayuki Hatta

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。