Sherpa Pen Coversがいつの間にか復活していた

SherpaペンケースとRefills Sherpa Pen

Sherpa Pen Coversのウェブサイトが、いつの間にか再開されていることに気づいた。昨年親会社だか代理店だかだったParadise Pen Companyが倒産して、それっきりSherpaのサイトにもつながらなくなっていたのだが、どうやら独立して(URLも変わった)復活したらしい。

Sherpa Pen Coverはその名の通り、ペンのカバーである。プラスチック製で安っぽい外観のものが多いボールペン等にかぶせて若干高級に見せかけるという、はっきり言って貧乏くさい製品なのだが、デザインも豊富だし、細くて軽い軸が多いマーカーペンや安ボールペンに、太くてそれなりに重量のある軸のこれをかぶせると書き味がだいぶ変わるので、全く無意味というわけでもない。日本でも昨年ぺんてると銀座伊東屋が組んで、サインペンやプラマン、ボールPentelにかぶせるペンジャケットというのを売り出していたが、発想としては同じというか、多分にSherpaのパクリであろう。

伊東屋 ITOYA110 ペンジャケットfor水性ボールペン 黒

Sherpaの元々の対象はシャーピー(Sharpie)という、アメリカとかでは超ポピュラーなのに、日本ではマジックインキやゼブラのマッキーに歯が立たないのか全く目にしない油性マーカーなのだが(海外でアンカンファレンスとかハッカソンとかに参加すると大量に供されるので見覚えのある人もいるだろう)、軸の尻ににバネが仕込んであるので、シャーピー以外にもいろいろ収まる。

シャーピー F/Sharpie F (中字・丸芯)【ブラック】 S3 30001

個人的にはシャーピーもいいけれど、以前書いたユニボール ビジョンエリートを入れて高級水性ボールペンにしたり、これまた以前書いたOHTOの筆ボール(採点ボール)を入れて高級ぬるぬる極太ボールペンにしたりして愛用している。なかでも一番ユニークな使い道は、蛍光ペンを入れることだろう。見た目が高級な蛍光ペンというのがほとんど無いので貴重である。どの蛍光ペンでも収まるというわけではないと思うが、とりあえず私が愛用しているスタビロのナビゲーターはぴったり収まる。

STABILO 蛍光ペン ナビゲーター 545-24 イエロー

例によってAmazon.co.jpではボッタクリの悪徳業者しか扱っていないが、私が昔買ったClassicというのは34ドル95セントなので、定価は4000円くらいだと思われる。というか、復活前はClassicしかなかったのだが、今はもっと高い軸も安い軸もあるみたいですね。Ultimateとかいう高い奴ならジェットストリームも入るようになったようだ。そのうち買ってみるかな。

 

フリクションボールえんぴつはなかなか良い

フリクションボールえんぴつ 6色セット LFP78FN-6C

老いぼれの上に元来集中力が欠けているので、本も論文も線を引いたり定規を当てたりしながら読まないとなかなか頭に入ってこないのだが、そんなときに便利なのが、こすると消えるパイロットのフリクションである。

ところで、私はこれまでフリクションが苦手だった。ボールペンは発色が良く、かつ書き味が良くないとイヤなのだが、フリクションは総じて色が薄く、書き味もかすれがちというかひっかかりがちで、消せるということ以外積極的に使いたい要素があまり無かったのである。

そんなわけでフリクションは最近まで全く眼中になく、長年トンボのリポータースマートを使っていたのだが、ひょんなことからフリクションボールえんぴつという製品の存在を知った。試しに使ってみたら、これがなかなか良かったのである。

これ、「えんぴつ」と言いつつ実は0.7mm径のボールペンなのだが、発色が鮮やかで、しかも書き味がぬるぬるとまでいかないにしても、かなりなめらかである。私自身は黒赤青緑の4色しか使わないのでどうでもいいのだが、色のバリエーションも豊富なようだ。

ちなみにフリクションいろえんぴつという、外見も中身も本当に鉛筆的なものもあって、ついでに言うとフリクションボールえんぴつは元々フリクションボールいろえんぴつと呼ばれていたらしいのだが、何が何やらさっぱりわからん。もう少し考えてネーミングしてもらいたい。