中身の入れられるクリップボードは案外便利

SAUNDERS(サンダース) SlimMate STORAGE CLIPBOARD (ORANGE)

雑多な書類を持ち運ぶ必要があり、かつ出先で(場合によっては立ったまま)若干の書き物をしなければならないのだが、ただし机はない、という状況にたまに出くわすのですが、そういうときに便利なものはないかなあと思っていたら、こんなものを見つけた。

ようは中身が入れられるクリップボードに過ぎないのだが、これが意外と便利なのである。ジャンルとしてはstorage clipboardと言うらしい。チープなプラスチック製だがそのぶん軽い(ヒンジには金属の軸が入っている)。コシが無いトートバッグ等に書類を直に入れた場合、くたっとなってしまって必要なときにさっと掴めなかったりするのだが、これを入れておくと壁に立てかけることもできる。別にクリップに挟まなくとも、FIELD NOTESのような表紙が柔らかいメモ帳等の下敷きとしても使える。カラーバリエーションも黒を始めとしてそれなりにある。

私が買ったのはLOFTで見つけたDexasとかいう会社のSlimcaseという製品で、Dexasというのは主にキッチン用品を扱っているメーカーのようだが、こういうものも作っているらしい。きょうび大概のものはAmazon.co.jpで買えるのだが、Dexasのはなぜか扱いがない。SaundersというメーカーのSlimMateという似たようなものなら扱いがあるが、Dexasの2倍以上高いのである(Dexasのは1000円くらい)。別に2倍品質が良いということはないというか、基本的に同じもののように見えるのですが…。

 

アメリカ版測量野帳としてのFIELD NOTES

FIELD NOTES 3-PACKS (A)方眼 [FB001]

海外のEDC(Every Day Carry、常時携行品)見せびらかしサイトを見ると、FIELD NOTESと書かれた小さなメモ帳を持ち歩いている人が多い。あれはなんだろうと不思議に思っていたのだが、日本でも売られているのを目にしたので買ってみた。日本ではハイタイドが代理店のようだ。3パックで約1300円、すなわち1冊(48ページ)で400円くらいと、なかなか強気の値付けである。

ようするに海外というかアメリカ版の測量野帳だが(FIELD NOTES=野帳だし)、大昔からある野帳と違い、2007年からとのことで比較的新しいブランドのようだ。アメリカ国内製であるというのも売りの一つらしい。野帳と違って表紙は固くなく、サイズも一回り小さい。方眼以外に横罫や無地もある。

モレスキンのように、表紙をめくると持ち主の名前や連絡先、落とし物を拾った人への礼金の有無などを書く欄がある。モレスキンのように、万年筆やローラーボールで書くとやや裏抜けする(それもあって筆記具はバインダーボールがぴったり)。モレスキンのように、表紙やディテールだけ変えた限定版を多く出して稼いでいる。ということで、野帳というよりはホッチキス留めのモレスキンというのが個人的な印象です。

立って書くという機能からすれば野帳に遠く及ばないが(アメリカ人は掌がでかいからこれでも良いのだろう)、ポケットには入れやすいし、何と言ってもデザインが出色で、全体がFuturaフォントでまとめられていてかっこいい。質で勝って魅力で負けるという典型的なパターンだが、こういうセンスが日本の大手文具メーカーにあればねえ…。

 

Omas 360 ローラーボール

あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いいたします。

自分へのクリスマスプレゼント、というわけでもないのだが、今は亡きオマス社ローラーボール(水性ボールペン)のデッドストックが安く売られていたので、思わず買ってしまった。Omas 360という比較的新しいシリーズで、2012年頃の製造らしい。人間工学に基づいたと称する正三角形というかおむすび型の軸が特徴だが、個人的には軸の形よりも重量の軽さが気に入った。元来軽い書き味のローラーボールを軽い軸でさらさらと紙上に走らせる快感は何物にも代えがたい。

オマスは2000年にルイ・ヴィトン等を擁するコングロマリットLVMHに買われたのだが、さすがにヴィトンほどは儲からなかったらしく、2007年には香港の会社、次いで2011年には中国の会社に売り飛ばされてしまい、結局2016年には倒産というか清算されて会社ごと消えてしまった。モンブランやペリカンほど世界的に有名なブランドというわけではないが、万年筆を中心にいかにもイタリアらしい独特の優美なデザインが光るメーカーだったので残念ではある。

この手のもので会社が潰れて困るのはリフィル(替え芯)だ。ローラーボールはインクがドバドバ出るので消費が激しく、リフィルの確保は死活問題である。オマスの純正リフィルはもう手に入らないようで、かつての日本代理店が公開している代替品一覧(PDF)にはモンテグラッパのリフィル(IA00RFUC)を使え、とある。私は素直なので一応言われた通りに一本買ったんですけれども、このリフィル、約1300円+送料とかするんですよ。

いくらなんでも高すぎるので他を探したのだが、ローラーボールやボールペンでは軸のメーカーは違っても実はリフィルは同じということがままあり、Omas 360(とモンテグラッパ)の場合も正体はドイツ・シュミット社のCL 8126というやつのOEMなのだった。水性ボールペンは乾きやすいので基本キャップが必須なのだが、これはCL、すなわちCapLessの名の通り1年間ふたをしなくても乾かないというなかなか優秀なリフィルである(つうか、それならそもそもキャップ要らないのでは…)。なおCL 8126 PとかP8126と呼ばれているのもあって、どちらかと言えばこちらのほうがポピュラーのようなのだが、これは短いので流用できない。Omas 360にはMezzoという小さいバージョンもあって、そちらはリフィルがP8126のようだ。

残念ながら8126もP8126も日本では手に入れにくく、Cult Pensから個人輸入でもしようかなと思っていたのだが、少し調べてみると、ペリカンのレベル5(L5)とかいうペンのリフィルがどう見ても8126である。人柱のつもりで買ってみたら、やはり8126のOEMだった。これならAmazon.co.jpや伊東屋でも簡単に手に入るのでありがたい。ちなみにAmazon.co.jpでは8126もP8126も途方もないボッタクリ価格で出品している悪徳業者しかいないので注意したほうがよい。相場はせいぜい一本数百円です。

もう一つの悩みは、軸は軽いんだが結構でかくて太いということである。最大径が16mmくらいあるので、ペリカン・スーべーレーンM1000並だ。一本差しのペンシースでも買うしかないのかねえ。