三菱鉛筆 ユニボール エア

【三菱鉛筆】ユニボールエア 水性 黒 ボール径:0.5mm(描線幅0.3mm~0.5mm)、

樹脂ペン先の水性ボールペンというのがあり、代表的なものとしてぺんてるのボールPentelとシュナイダーの852ベースのペンがある、という話を書いた。長らくこの二種類しかなかったのだが、今年になって三菱鉛筆が、ユニボールエアというのを出してきた。

三菱は油性ボールペンのジェットストリームやゲルインクボールペンのシグノで有名だが、水性(顔料)ボールペンもいくつか出している。現在はユニボールビジョンエリート、ユニボールプロテック、ユニボールアイの三種類があり、ビジョンエリートについては以前書いたプロテックは一応持っているがあまり使っていない。三菱としてもあまり積極的には扱っていないようで(カタログには残っているがウェブサイトには掲載されていない)、実質的にもう廃番なのかもしれない。ユニボールアイが現在の主力で、私も常備してよく使っている。ボールPentelのインクは水性染料なので耐水性が弱く、公文書に使えないからだ。

いずれにせよ、これらは全て金属ペン先の水性ボールペンである。で、ユニボールエアもどうやら基本的には金属ペン先らしいのだが、ペン先の周りがエラストマーで覆われている。なので、紙との摩擦という意味では樹脂ペン先と同じなめらかさがある程度期待できる。いわば、金属ペン先と樹脂ペン先のハイブリッドというわけだ。また、ペン先も一部は柔らかい樹脂で出来ているらしく、筆圧に応じてインクの流量が増減するという仕組みになっている。

【三菱鉛筆】ユニボールエア 水性 黒 ボール径:0.7mm(描線幅0.4mm~0.6mm)

さっそく買ってきて試してみた。水性ボールペン(ローラーボール)は日本では全く人気が無いが、海外では漢字のような細かいものをあまり書かないせいか、あるいは気候が乾燥していて書いたインクがすぐ乾くせいか、むしろ油性よりも人気があるらしい。なので、水性ボールペンの場合海外でまず売り出され、それが日本に逆輸入されるというケースが多いのだが(ビジョンエリートがそう)、このユニボールエアも海外ではしばらく前に日本より早く発売されていた。太さは海外版と同様の0.7mmに加え、0.5mmも揃えている(軸のデザインが異なり、更にMicroと書いてある)。細字需要が強い日本ならではだろう。

ふつうボールペンはどう書こうと一定した幅の線が書けるわけだが、ユニボールエアは筆圧次第でインクの出が変わるので、力の入れ具合と紙への当て具合で描線の太さが変化する。よって描線の太さには幅がある。0.5mmボールの場合描線幅が0.3mm~0.5mm、0.7mmボールの場合描線幅が0.4mm~0.6mmと書かれている。印象としては、0.7mmはかなり太い。細字サインペンくらいはある。0.5mmは大体ボールPentelや細字万年筆と同じくらいか。

売る側としては、この描線幅が変えられるというのを売りにしているようなのだが、個人的にはカリグラフィー的なものにあまり興味がないので、正直なんとも言えない。ただ、たとえばボールPentelと比べても簡単に描線にメリハリが付けられるのは確かで、とめ・はね・はらいなどにこだわる人やお絵かきをする人には大きなメリットだろう。インクはある程度上質な紙なら大丈夫だが、私が普段いたずら書き用に使っている反故紙だと0.5mmも0.7mmも字の折れを中心に若干裏抜けがあった。ボールPentelでは抜けないのだが。

肝心の書き味だが、確かにカリカリとした金属ペン先のそれとはずいぶん違う。かといって、既存の樹脂ペン先ともどうも違う。こういう感覚的なものは言葉にしにくいのだが、ボールPentelはかすかに弾力を感じるのに対し、ユニボールエアは紙質にもよるが、ややざらついた、大げさに言えば色鉛筆で塗るのに近いような感触を覚える。ボールが回っている感じがあまりしない。キュッキュッと音を立てないサインペンという感があり、なかなか好ましい。サラサラというかサクサクというか、確かに名前通り非常に軽い書き心地である。個人的には、まだボールPentelの牙城を抜くには至らないものの、0.5mmをしばらく使ってみようと思った。

ただ、ユニボールエアに限らず何でもそうなのだが、三菱鉛筆のペンは、どれもデザインが今ひとつである。手抜きをしているというわけではなく、むしろそれなりに手間をかけていることが見て取れるのだが(たとえばキャップは先端が透明になっていてペン先が見えるようになっているし、0.5mmの軸の表面にはよく見ると細かい亀甲模様のようなものがあしらわれている)、結果としてどことなく安っぽい感じが否めない。まあ、0.5mmのMicroは黒一色でまだマシな部類とも言えるが…。ボールPentelのような、見栄えというものを最初から捨ててかかっているような凄みもない。デザインとは不思議なものですね。

 

君は樹脂ペン先のボールペンを知っているか

別に知らなくても人生には何ら影響ありません。

ペン先(チップ tip と称する)に小さな玉、すなわちボールが嵌まっていて、これがコロコロ回転してインクを紙にこすりつけることにより線が描かれる、というのがボールペンの基本的な原理である。ペン先と玉には相当な負荷がかかるので、どちらもステンレス鋼やタングステンなど硬い金属で製作されることが多い。

ところが、ペン先、あるいはペン先と玉の両方を樹脂で作ったボールペンというのが世の中には存在していて、これが私の好物なのだ。

結局のところ、ペンの書き味の大半はペン先と紙との摩擦抵抗の具合で決まる。で、以前も書いたが、私はサインペンやフェルトペン(あとついでにプラマン)のたてるキュッキュッという音や感触が生理的に苦手で、できれば御免被りたいと思っている。通常の金属ペン先ボールペンのカリカリという書き味は別に好きでも嫌いでもないが、どちらかと言えば好きではない。私が好きなのは、抵抗をほとんど感じずに、ぬるぬるすらすらと滑るように書ける奴なのである。加えてかすかに書きごたえというか、サクサクという感触が伝わってくるとなお良い。万年筆でもいいのだろうが、万年筆は扱いが何かと面倒くさい。なめらかな書き味を手軽に楽しめるのが樹脂ペン先のボールペンというわけだ。

私が知る限り、樹脂ペン先のボールペンは全て水性ボールペンである。ただでさえジェットストリーム・フォロワーの低粘度油性インクやらゲルインクやらに押されて絶滅が危惧されている水性ボールペンの、その更にマイナーなサブジャンルということになるわけで、樹脂ペン先が無くなったら私はこの先どうやって生きていけばいいのだろうと今から心配している。まあそうなったらあきらめて万年筆でも使うとは思いますが…。

ぺんてる ボールPentel 水性ボールペン 0.6mm 黒 [1本] B100-AD

現在日本で最も手軽に買える樹脂ペン先の水性ボールペンは、おそらくぺんてるのボールPentelだろう。1972年に誕生して以来ほとんどモデルチェンジもされずにずっと販売され続けているという、シーラカンスのようなペンである。品名はダジャレで軸はトイレ掃除のサンポールみたいな緑色と、お世辞にもクールとは言いがたい。というか時代遅れ感が尋常ではない。しかし、このペンは日本で唯一、もしかすると世界で唯一かもしれないが、ペン先も玉もデルリンという樹脂で作られているのである。結果として、ワン・アンド・オンリーとしか言いようがない独特の書き味を獲得している。

なお、ボールPentelは、土橋正氏によると以下のような偉大な人々にも愛用されているそうだ。

  • 秋元康先生
  • エリザベス女王先生

エリザベス女王のほうは真偽は定かではないが、秋元康はたぶんこのGQのインタビューで「ぺんてるの水性ペン」と言っているのがそれだと思う。Amazonのレビューによればタイの新聞記者にも大人気のようである。名前は忘れたが以前テレビのニュースキャスターでこれを使っている人を見かけたこともある。色と形がおそろしくダサいのですぐ分かる。分かる人には分かるのである。不肖わたくしも20年くらい使っている。まあ正直に言えば、0.6mmという太字でも細字でもない中途半端な太さなので、手帳に漢字で細かくびっしりメモをとるというような用途には全く向いていない。ある程度大きな字を、大きな紙に、おおらかに書くのがよろしい。もちろん水性ボールペンなので、書き出しでかすれるようなことはまずない。

さすがに大手ぺんてるの製品だし、私が知る限りLOFTとか東急ハンズとか、大きめの文具店ならどこでも置いてあるのだが、大体扱いは悪い。下手をするとボールペン・コーナーに陳列されていない。陳列棚の下の在庫棚に無造作に突っ込んであって探さなければならなかったりする。最近はAmazonで買えばよいのだが。

【SCHNEIDER/シュナイダー】ベースボール専用インクカートリッジ 青

ボールPentelが日本の雄ならば、ドイツの雄がシュナイダー852である。シュナイダーはドイツの文具メーカーで、いろいろなものを作っているのだが、その中に852というリフィルがある。これはペン先ごと換えるタイプの水性ボールペン用インクリフィルなのだが、なんと樹脂ペン先なのである(玉は金属らしい)。これがあなた、もうね、たまらない書き味なんですよ。といってもインクがドバドバ出過ぎて、いくらなんでも線が太すぎるし薄い紙だと裏抜けするので、常識的な意味での日本語筆記には全く適していない。欧米サイン文化の産物であろう。

【SCHNEIDER/シュナイダー】ベースボール ブルー×ブラック

私自身はID Duoという、蛍光ペンとの2 in 1な軸を使っているのだが、852が使える一番安い軸は上に挙げたBaseballというものだと思う。国が違うのにまたもや品名がダジャレである。他にBreezeというのもあるが、樹脂ペン先の水性ボールペンの軸は、デザインを微妙にしなければならないという国際条約でもあるんだろうか。なんだこれは。おそらく子供向けなので、こんな感じのデザインばかりなんでしょうね。

長年にわたり、樹脂ペン先のボールペンは私が知る限り基本的にこの二強しか無く(もしかすると他にあるかもしれないのでご存じの方はぜひ教えてやってください)、それで別に困らなかったのだが、最近三菱鉛筆が、ジェットストリームでがっぽり稼いだ余裕のなせるわざか、突如樹脂ペン先な水性ボールペンの新作を投入してきたのである。その話はまた今度。

 

ジハードとしてのスター・ウォーズ、あるいはジハード戦士としてのルーク・スカイウォーカー

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望 (字幕版)

昨今はイスラム国がらみの話題が多いので、イスラム教やテロリズムに関する本をぱらぱらと読むことが増えてきた。

そんな程度の付け焼き刃なので大したことは言えないのだが、いろいろ読んだ上での個人的結論としては、イスラム教がテロリズムと全く無関係かと言えばそんなことはないと思うが、かといってイスラム教「だから」テロが起こるというのも短絡的ではないかと考えている。イスラム教に特殊な事情というのがあるのは事実だと思うが、他の宗教にも多かれ少なかれ似たような事情は存在するからだ。ちなみに世の中には面白い人がいて、聖書、クルアーン、モルモン経を子細に検討し、その中の矛盾だったり不寛容だったり残虐だったりミソジニーだったりといった、今ではあまりポリティカリーにコレクトとは言いがたい記述をリストアップしたサイトを作っているのだが、それを読むとどの宗教の経典にも字面通りとれば結構ムチャクチャな記述が多いことが分かってなかなか興味深い。まあ、仏教やヒンズー教の経典も、同じように探せばいろいろとアレな記述は出てくるのではないかと思うが…。それに、カルトというのは、大体が経典の一部を自分たちに都合の良いように拡大解釈して権威付けに使うものでもあろう。ちなみに計量的比較(笑)によると、クルアーンは数だけ見れば大体聖書の2倍くらい暴力描写が多いらしい。しかし、聖書も特に旧約には相当えぐい記述はあるし、裏を返せば聖書にしてもクルアーンの1/2くらいは暴力描写があるわけだ。もちろん、重要なのは数ではなくその残虐さ度合い、とも言える。

ようするに、カギとなるのは宗教の教義ではなくて、具体的な過激化(ラジカライゼ―ション)の過程のほうなのではないかと思うのである。経典に敵を殺せと書いてあるのと、実際に行動を移してテロを起こすのとには、やはり大きな断絶がある。そこがよく分からない。

ちょっと調べてみた限りでは、人がどのようにラジカライズされるのかということについて、まだそれほど研究は進んでいないようだ。それは単純な理由で、本当にラジカライズされて行動に起こしたテロリストは大概の場合死んでしまうので、ラジカライズされた過程に関する遡った調査が出来ないからであろう。とはいえ、ラジカライゼーションのコツというか定石というか、そういったものは少しずつ分かってきているようなので、裏を返せばどこにどうくさびを打ち込めば過激化を防げるのかも今後明らかになってくるように思う。

ちなみに最近読んで笑ったのが、「ルーク・スカイウォーカーのラジカライゼ―ション:ジェダイのジハードへの道」という記事で、映画スター・ウォーズの特に最初の3部作のシナリオが、イスラム過激派の典型的なラジカライゼ―ションの過程にそっくりだという。

新たなる希望

  • 世界は帝国の圧制下にある。まあ帝国には帝国なりの言い分があり、宇宙の平和を守るために日々苦心しているだけなのだが。
  • 田舎に青年がいる。親はおらず、友達もいない。
  • しがない青年は、育ての親を帝国の理不尽な攻撃で黒焦げにされて殺される。
  • 近所の狂信的な老人にリクルートされ、怪しげな思想というか宗教を吹き込まれた青年は老人と一緒にテロ活動に身を投じる。おまけに老人は、青年の実の親は帝国に殺されたと嘘をついてショックを与え洗脳する。これは後に明かされることだが、老人は青年を洗脳することにかけては長年の経験がある。
  • 多数の犯罪歴がある密輸業者の手助けでテロリスト支配地域への脱出に成功する。テロリストのキャンプで老人らから専門的な軍事訓練を受ける。青年はテロリストらに仲間として受け入れられ、世界に居場所ができる。
  • 老人が帝国との戦いで殉教する。
  • 帝国のシンボル的な建造物へテロを敢行する。たまたま生還できたが基本的に自爆テロみたいなものである。
  • これは後に明かされることだが、帝国は帝国で別の怪しげな宗教を奉じていて、老人らの宗教とは(実は似たようなものなのだが)対立関係にある。なので、これはある意味宗教戦争でもある。老人らの宗教は迫害されている。

帝国の逆襲

  • 帝国のテロリスト狩りが激しさを増す。
  • さらに別の狂信的な老人が出てきて、青年に絶対的な忠誠と思想の厳格な解釈をたたき込む。青年は自立した思考が出来なくなり、完全に洗脳される。青年は聖戦を戦うジハード戦士となる。
  • 実は青年の実の父親は帝国の大物である。父親に会った青年は、改心してこっちへ戻ってこいと言われる。

ジェダイの帰還

  • 青年は宗教に基づき、暴力で自ら物事を裁断するようになる。
  • 青年は仲間が借金したビジネスマンを殺害し、一家を惨殺する。まあ手を下したのは厳密には青年ではなく青年の妹だが。
  • 帝国が(よせばいいのにまた)作ったシンボル的建造物をテロ攻撃する。これもまたあまり生還のことを考えていないというか、自爆テロ的な計画である。
  • 青年は父親まで殺す。
  • 青年は帝国のトップも殺す(まあ厳密には殺したのは父親だが)
  • 帝国は消滅し、邪教は消え、青年らの宗教に統治された平和で幸せな世界が訪れる

まあジョークではある。ただ恐ろしいのは、このジョークが一面で真実を突いているのではないかと思われることだ。というのも、実のところイスラム国に限らずある種の過激派に参加する連中というのは、意識しているかどうかは別に、わかりやすい具体的なイメージとして「スター・ウォーズ」あたりを抱いているのではないだろうか。オウム真理教が、よく「宇宙戦艦ヤマト」を引き合いに出していたのが思い起こされるのである。